こんにちは。
 
TOMOZOUです。
 
 
 
 
 
今日は、一昨日の深夜に起きた
 
名珍プレーを報告しますw
 
 
まず、私は以前の記事でも書きましたが、
 
価格改定ツールは使用していません。
 
理由は以下の3つです。
 
 
1.商品毎に戦略を練りたい
 
2.価格改定奥義を発動したい
 
3.値下げ競争にできるだけ巻き込まれたくない
 
 
で、私が新規で登録した商品に、
 
実に多くの方が参入してくださったおかげで、
 
なかなかの薄利になった商品も
 
けっこうあるんですね。
 
 
 
ある商品なんですが、
 
最初は一人で5800円で売っていたんですが、
 
気がついたら20名近くの方にご賛同いただいて、
 
3400円になってしまっていました。
 
まぁ、これでも粗利率20%以上の商品です。
 
 
 
それで、あまりにも右へ倣えで価格が下がるので、
 
価格改定ツールを利用している人が
 
どれだけいるのかなぁ~なんて、
 
下衆い気持ちが働きまして、
 
こっそりと実験をしてみようと思ったんです。
 
 
 
それで、一昨日の夜に実験をしてみました。
 
 
 
20名近くいる出品者のうち、
 
最初は、私を含め11名の方が、
 
最低価格でこの商品を販売していました。
 
この時の最低価格は3400円です。
 
 
 
適当に価格を下げたり上げたりして
 
他の出品者が価格改定ツールで
 
自動的に価格が下がってくるのを待ちました。
 
 
 
 
結果、私以外の10名中5名の方が
 
価格改定ツールを導入していることが判明。
 
 
 
以下、最終価格
 
 
3400円 オレ他5名
2716円 1名
2551円 1名
2390円 1名
2145円 2名
 
 
 
 
 
 
下がり過ぎwww
 
 
 
輪廻転生を発動しようかとも考えたんですが、
 
もう私は絶対にしないと決めていますので、
 
そっとしておきました。
 
 
 
この5名の方は価格改定ツールに頼りっきりなので、
 
もう価格が戻ってこないんですよねー。
 
3400円に価格が戻ってくるまでは
 
まだけっこう時間がかかりそうです。。。。。。
 
 
 
 
やべ!自分の首も絞めてたwww
 
 
 
ファインプレーを出すつもりが
 
とんだ珍プレーになっちゃいましたw
 
 
 
ちなみにこの後、手動で価格を合わせてくる
 
出品者もいて、本日の状態なんですが、
 
 
3400円 オレ他3名
2716円 1名
2551円 1名
2390円 1名
2145円 4名
1480円 1名
 
 
 
 
1480円ってwww
 
 
確実に損益分岐点超えてますよー。
 
輪廻転生しちゃうよーwしないけど。
 
 
大体わかるんですが、
 
2145円で合わせている方は
 
送料と関税を考えていないですね。
 
1480円は残念ながら論外です。
 
やっぱり価格改定ツールは
 
しっかり管理しないと、大赤字になるだけですね。
 
みなさんも気をつけましょー!
 
 
 
 
本日も最後まで読んでいただき
 
ありがとうございました。
 
 
 
【関連記事】